カールおじさんの旅(2017年)

白馬五竜高山植物園と白馬岩岳ゆり園へ。(2017年8月5日~8月7日)

f:id:ka-ruojisan:20180921234236j:plain

                                                            * 白馬岩岳にて

◎ 旅行計画

以前登山ツアーで利用した、高松の山旅専門会社のパンフレットに、白馬縦走等4泊5日のツアーとの抱き合わせのフリープランがあったので、真夏ではありましたが、ゆっくりと白馬を回れると思い、早速申し込みました。

ただ、途中に天候が悪化した為、2泊3日で切り上げることになってしまいました。

◎ 白馬五竜へ(8月5日)-1日目

アーバスは、朝8時過ぎに鳴門を出発しました。フリープランは私1人で、夕方5時頃に、白馬五竜の神城駅付近で降りました。

明日行く予定の、白馬五竜高山植物園へのゴンドラが出ている、エスカルプラザ近くのペンションを予約しており、歩いて20分余りで着きました。

f:id:ka-ruojisan:20180921160221j:plain

                                                   * 白馬五竜の田舎道にて

◎ 白馬五竜高山植物園へ(8月6日)-2日目

翌朝は。生憎の曇り空で、今にも雨が降りだしそうでした。

このペンションに連泊することから、不要な荷物を置いて出発しました。

エスカルプラザまでは、歩いて10分余りで、エスカルガーデンの花が綺麗でした。

f:id:ka-ruojisan:20180921162245j:plain

                                                    * エスカルガーデン(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180921163221j:plain

エスカルプラザに隣接する、白馬五竜高山植物園へのゴンドラ乗場「とおみ駅」から、ゴンドラに乗り、8分でアルプス平駅(標高1,515m)に着きました。

f:id:ka-ruojisan:20180921163738j:plain

                                         * ゴンドラ内からとおみ駅方面を望む。

f:id:ka-ruojisan:20180921163942j:plain

                                                        * アルプス平駅

白馬五竜高山植物園は入園無料で、「ヒマラヤの青いケシ(ヒマラヤの標高4,000mに自生する幻の花)」が終盤を迎える頃でしたが、花数は多くはないものの、運よくその姿を見ることができました。

f:id:ka-ruojisan:20180921165228j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180922143209j:plain

                                                  * ヒマラヤの青いケシ

他にも、シモツケソウの群落等、沢山の高山植物が咲いており綺麗でした。

f:id:ka-ruojisan:20180921184729j:plain

                                                   * シモツケソウの群落

f:id:ka-ruojisan:20180921184939j:plain

                                                         * 高山植物(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180921185111j:plain

◎ 小遠見山(2,007m)へ

お花畑を一回りして、白馬五竜岳に向けて登りはじめました。ただ、時々小雨が降る天気で、山は厚い雲に覆われていたので、取り敢えず、登り2時間の小遠見山を目指しました。

アルプス平自然遊歩道を行くと、湿原の中に地蔵の沼が現れ、その後、傾斜の急な登り坂で大汗をかきながら、小遠見山に着きました。

f:id:ka-ruojisan:20180921193806j:plain

                                                              * 地蔵の沼

f:id:ka-ruojisan:20180921194931j:plain

                                                           * 小遠見山山頂

山頂では、かなり強い雨となり、しばらく様子をみたところ、一時は青空も見えましたが、雷鳴も聞こえてきたので、白馬五竜への登頂は諦めて下山することにしました。

f:id:ka-ruojisan:20180921195250j:plain

                                             * 小遠見山山頂にて(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180921195347j:plain

下山中には、平野部の方は青空もでてきましたが、山側は終始雲に覆われていました。

f:id:ka-ruojisan:20180921233833j:plain

                                                         * 平野部方向(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180921233959j:plain

帰りは、地蔵ケルンの方の道を降りましたが、山側は真っ白でした。

f:id:ka-ruojisan:20180921192746j:plain

植物園まで下りてきて、雨も止んだので、ゆっくりと高山植物を観賞してから、エスカルプラザに戻りました。

f:id:ka-ruojisan:20180921152014j:plain

                                         * 白馬五竜高山植物園にて(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180921185346j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180921234101j:plain

                                               * とおみ駅前の庭にて

ペンションに戻りくつろいでいると、旅行会社の方から電話があり、明日から白馬岳等は大荒になる予報で、明日の朝に下山することにしました。全額返金するので、明日の午後1時に白馬駅で合流したいとのことから、これを了承しました。

白馬岩岳ゆり園へ(8月7日)-3日目

栂池自然園に行く予定を、午前中に行ける白馬岩岳ゆり園に変更しました。

この時期、白馬村等で乗り降り自由のバスが運行されているので、エスカルプラザからこのバスに乗り、白馬八方で乗り換えて、白馬岩岳ゆり園に行きました。

天気が悪化するとは思えないような、良いお天気でした。

f:id:ka-ruojisan:20180921234200j:plain

                                  * 白馬岩岳ゆり園ゴンドラ乗場(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180921234309j:plain

荷物をコインロッカーに入れてから、ゴンドラに乗り、ゴンドラ山頂駅に行きました。

f:id:ka-ruojisan:20180921234344j:plain                                     * ゴンドラ乗場の裏から見たお花畑とゴンドラ

f:id:ka-ruojisan:20180921234422j:plain

                                      * ゴンドラ山頂駅と色とりどりのゆり

ゆり園のゆりは丁度見頃で、遠く白馬三山や白馬村等が見渡せます。

ゆり園に隣接して、「ブナ林散歩道」や「ねずこの森自然探勝路」もあります。

f:id:ka-ruojisan:20180921234512j:plain

                                                    * ゆり園(以下同じ)

f:id:ka-ruojisan:20180921234600j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180922135053j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180922141810j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180922141857j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180922141941j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180922143016j:plain

ブナ林散歩道に行ってみると、木々の中の所々に咲くゆりが可憐でした。

f:id:ka-ruojisan:20180922142102j:plain

                                          * ブナ林散歩道にて(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180922142530j:plain

昼過ぎまでゆり園を満喫して、白馬駅でツアーバスに乗り、帰途に着きました。

天気は、予報通り崩れだし、雷雨の中を帰りました。

〇 計画が中断となったことから、翌月に再度訪問し、回れなかった所へ行きました。次回に続く。

 

カールおじさんの旅(2017年)

立山(弥陀ヶ原、天狗平、室堂平)でのトレッキング(2017年9月21日~24日)

f:id:ka-ruojisan:20180916161958j:plain                                                           * 天狗平の紅葉

立山へ(9月21日)-1日目

立山へはこれまでに3度訪れていましたが、室堂平に行く途中にある弥陀ヶ原や天狗平は、車窓からの景色を見るだけで、素通りしていました。

湿原好きの私は、紅葉時期に自由に歩いてみたいと思い、ここでのトレッキングをメインに計画を立てました。

幸い、以前に利用したことのある、高松の旅行会社が、フリープランもある、立山登山ツアーを出していたので、フリープランでお願いしました。

初日は早朝に四国を出発し、午後3時半頃に富山地方鉄道立山駅に着きました。登山ツアーの人達は、立山ケーブルカーに乗り室堂平に行き、私は1人立山駅前で泊まりました。

立山駅近くには、立山カルデラ砂防博物館があり、無料で充実した展示が見られます。また、少し足を延ばせば、千寿ヶ原の河原へも行けます。

f:id:ka-ruojisan:20180916171012j:plain

                                                                     * 立山

立山ケーブルカー(9月22日)-2日目

宿の方から、朝一に立山ケーブルカーに乗るなら、早くからチケット売場に行列ができると聞いていたので、早目に並んで、始発に乗ることができました。

f:id:ka-ruojisan:20180916173627j:plain

                                                           * 立山ケーブルカー

◎ 弥陀ヶ原へ

ケーブルカーは7分で美女平駅に着き、高原バスに乗り換えますが、室堂平までに途中下車する客は、室堂平行きの客とは異なる列に並びます。理由を係の人に聞くと、室堂平直行便は、客の数に応じて臨時便を出すが、途中下車の客が乗れるのは、時刻表にある便だけとのことでした。

美女平を出発した高原バスは、30分で憧れの弥陀ヶ原に着きました。

はやる気持ちを抑えて、バス停近くにある、その日泊まる宿に不要な荷物を置かせてもらい、身軽な格好でトレッキングに出発しました。

f:id:ka-ruojisan:20180916175454j:plain

                                          * 弥陀ヶ原(北方の大日岳を望む、上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180916181951j:plain

バス停の近くから、綺麗な湿原が広がり、天気も良く、今日1日ここを散策できると考えると、テンションが上がりました。

弥陀ヶ原には、遊歩道が整備されており、主に3つのコースがありますが、先ずは、立山カルデラが見える「松尾峠展望台コース」へ行きました。

f:id:ka-ruojisan:20180916181331j:plain

                                           * 松尾峠展望台コース(以下同じ)

f:id:ka-ruojisan:20180916182415j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180916182517j:plain

このコースは周回する遊歩道があり、左手の道を行きましたが、途中に傾斜が急な所や荒れた場所があるのでお勧めできません。

1時間足らずで、松尾峠展望台に着き、湿原とは対照的な立山カルデラが一望できました。

f:id:ka-ruojisan:20180916183528j:plain

                                                    * 立山カルデラ(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180916183654j:plain

帰りは来た道とは違う方へ下ったところ、登ってきた道より傾斜が緩く歩きやすい道で、綺麗な湿原の中に地塘もあり絶景でした。

f:id:ka-ruojisan:20180916184010j:plain

                                          * ガキ田と呼ばれる地塘(ちとう)

f:id:ka-ruojisan:20180916184758j:plain

次に、美女平方面に向けて歩きました。七曲り近くまで行くと、急勾配の下り坂となったので引き返しましたが、この辺りもいい景色でした。

f:id:ka-ruojisan:20180916185439j:plain

                                                      * 七曲り方面(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180916185533j:plain

次に「一の谷道・獅子ヶ鼻コース」を歩きましたが、獅子ヶ鼻岩の下にある、長い鎖場は、高所恐怖症の私には登れなかったので引き返しました。

f:id:ka-ruojisan:20180916190224j:plain

                                                 * 中央の岩場が獅子ヶ鼻岩?

その後は、夕方まで、弥陀ヶ原の内周りコースや外周りコースを歩き回りました。

f:id:ka-ruojisan:20180916190631j:plain

                                                 * 弥陀ヶ原遊歩道にて(以下同じ)

f:id:ka-ruojisan:20180916190852j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180916191004j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180916191208j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180916191303j:plain

                                      * 中央にうっすらと弧を描くのは富山湾

バス停の方に戻り、立山カルデラ展望台コースを登りましたが、生憎のガスで、展望台からの展望はゼロでした。

この日は8時間位歩き回ったので、宿に入り大浴場で疲れを癒しました!

◎ 天狗平へ(9月23日)-3日目

翌朝は、生憎の雨でしたが、朝食後に弥陀ヶ原に行ったところ、霧の中の景色も神秘的で綺麗でした。

f:id:ka-ruojisan:20180916221055j:plain

                                                        * 雨の弥陀ヶ原(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180916221406j:plain

室堂平までに途中下車すると、次に乗る高原バスの予約をする必要があり、泊まる場合は宿の人に伝えます。

私は、翌朝の8時30分発の高原バスをお願いしていたので、予定通りの高原バスに乗り、20分位で室堂平に着きました。

その日は、天狗平を回る予定だったので、一旦泊まる宿に行き、不要な荷物を置かせて貰ってから、散策に出発しました。

天狗平への道は、室堂バスターミナル近くから「天狗平水平道コース」を下りて行きます。

f:id:ka-ruojisan:20180916222935j:plain

                                          * 天狗平水平道コースにて(以下同じ)

f:id:ka-ruojisan:20180916223251j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180916223323j:plain

                                                  * 立山高原ホテル

坂を下りだしてから30分程で、立山高原ホテルの近くまで来ました。

雨も小降りになり、景色を楽しみながら、さらに進んでいくと、立山天狗平山荘前に着きます。

この辺りから、弥陀ヶ原方面への道が、昨日鎖場に阻まれて引き返した「一ノ谷道・獅子ヶ鼻コース」の遊歩道になります。

同山荘裏の紅葉が綺麗で、そこを過ぎると広い湿原が見えはじめます。

f:id:ka-ruojisan:20180916225728j:plain

                            * 一ノ谷道・獅子ヶ鼻コースにて(以下同じ)

f:id:ka-ruojisan:20180916230057j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180916230204j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180916230255j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180916230446j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180916230625j:plain

                                                * 前方の湿原は弥陀ヶ原

f:id:ka-ruojisan:20180916230936j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180916231400j:plain

遠くに弥陀ヶ原が見えだし、獅子ヶ鼻岩の近くまで来ましたが、戻る予定の時間になったことから、来た道を引き返しました。

室堂平に着いた頃には青空も見えだし、綺麗な景色に出逢えました。

f:id:ka-ruojisan:20180916231704j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180916231904j:plain

室堂平やみくりが池を散策してから宿に入りました。

f:id:ka-ruojisan:20180916232228j:plain

                                                             * みくりが池

◎ 大日岳登山道へ(9月24日)-4日目

最終日は、早朝のみくりが池を見た後に、泊まっていた宿に不要な荷物を預けて、昼までに、大日岳登山道を登り、剣岳が綺麗に見える所まで行き、紅葉を堪能しました。

f:id:ka-ruojisan:20180916233404j:plain

                                         * 早朝のみくりが池(水面にハートが!)

f:id:ka-ruojisan:20180916233652j:plain

                                                  * 称名川と大日岳方面

f:id:ka-ruojisan:20180916233950j:plain

                                     * 大日岳登山道から天狗平方面を望む

f:id:ka-ruojisan:20180916230515j:plain

                                        * 大日岳登山道から立山三山を望む

f:id:ka-ruojisan:20180916234350j:plain

                                     * 大日岳登山道から浄土山方面を望む

f:id:ka-ruojisan:20180916234708j:plain

                                            * 大日岳登山道から剣岳方面を望む

f:id:ka-ruojisan:20180916234953j:plain

                                     * 大日岳登山道から大日岳方面を望む

f:id:ka-ruojisan:20180916235205j:plain                                        * 大日岳登山道から室堂平方面を望む

f:id:ka-ruojisan:20180916235554j:plain

                                                     * 雷鳥沢(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180916235750j:plain

昼過ぎには室堂バスターミナルから高原バスに乗り、美女平でケーブルカーに乗り替え、立山駅前でツアーバスに合流して帰県しました。

〇 夢のような湿原歩きと紅葉を愛でるプチ登山を楽しみ、再び、この地を訪れたいとの思いを胸に帰途についたのです。

 

 

カールおじさんの旅(2017年)

秋の石鎚山瓶ヶ森に登りました。(10月10日~10月11日)

f:id:ka-ruojisan:20180915125241j:plain

                                                      * 瓶ヶ森に咲くリンドウ

◎ 紅葉の見頃

ネットで石鎚山の紅葉の見頃を調べると、おおよそ10月上旬から10月下旬で、同じく瓶ヶ森は、10月上旬から10月中旬とのことでした。

このことから、9月下旬頃から、毎日、週間天気予報を注視していると、幸い10月10日頃から暫くは、良い天気が続きそうな予報だったので、石鎚山の登山口がある土小屋の宿に予約を入れました。

瓶ヶ森(標高1,897m)へ登る。(10月10日)

青空の下、朝7時に徳島市の自宅を自家用車で出発しました。

国道192号及び11号で西条市まで走り、国道194号を高知方面に向かい、新寒風山トンネルの手前から荒れた林道に入り、寒風山トンネルを抜けて、気持ちの良い瓶ヶ森林道(UFOライン)を走りました。

f:id:ka-ruojisan:20180915145045j:plain

                                              * UFOラインにて(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180915145159j:plain

高速道路をあまり走らない私が、瓶ヶ森の登山口に着いたのは、午後1時半頃になっていました。ここには、林道の上と下の2ヵ所に駐車場があります。

昼食を済ませて登山準備をして、午後2時頃から登り始めました。

f:id:ka-ruojisan:20180915150600j:plain

                                                   * 手前が林道下の駐車場

f:id:ka-ruojisan:20180915154203j:plain

                                             * 瓶ヶ森登山道から男山を望む

瓶ヶ森(女山)山頂へは、2本のルートがあり、行きは男山を経由し、帰りは瓶ヶ森ヒュッテ方面に下山することにしました。

登り始めると、直ぐに広い笹原(氷見二千石原と呼ばれる)が目に入ってきて、その背景の霞みがかかった石鎚山とのコラボに見惚れてしまいました!

f:id:ka-ruojisan:20180915152805j:plain

                                     * 氷見二千石原の笹原と石鎚山(以下同じ)

f:id:ka-ruojisan:20180915153723j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915154449j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915155115j:plain

紅葉を楽しみながら歩くこと30分少々で男山に着きました。

f:id:ka-ruojisan:20180915154823j:plain

                                                                  * 男山頂上

さらに30分程歩くと、笹原の頂点にある女山の頂に着きました。

f:id:ka-ruojisan:20180915155542j:plain

                                                       * 男山から女山を望む

f:id:ka-ruojisan:20180915155846j:plain

                                                            * 男山方面

f:id:ka-ruojisan:20180915160258j:plain

                   * 頂上付近から東方の西黒森、伊予富士、笹ヶ峰等を望む

f:id:ka-ruojisan:20180915160755j:plain

                                                            * 女山の頂上

f:id:ka-ruojisan:20180915160935j:plain

                                                       * 瓶ヶ森(女山)頂上

女山の頂上からは、360度の展望が開け、この日は天気も良く、いい眺めでした。

f:id:ka-ruojisan:20180915161525j:plain

                                                  * 頂上から西方の石鎚山を望む

f:id:ka-ruojisan:20180915162112j:plain

                                                      * 頂上から北方を望む

f:id:ka-ruojisan:20180915162535j:plain

                                       * 頂上から南方の男山方面を望む

頂上からの帰りは、瓶ヶ森ヒュッテ方面に向けて、かなり急な道を下山しました。

遠くに石鎚山の勇姿を見ながらの登山は、何とも心地好いものでした。

時間帯も、太陽が傾き掛けた頃で、逆光の中の石鎚山が神々しく見えました!

f:id:ka-ruojisan:20180915163443j:plain

頂上からの帰りは1時間位で下りてきました。

f:id:ka-ruojisan:20180915163737j:plain

駐車場まで戻り、車でこの日泊まる宿がある土小屋に向かいました。

f:id:ka-ruojisan:20180915164142j:plain土小屋の宿に着くと、先程までいた瓶ヶ森が夕陽に照らされて綺麗でした。

f:id:ka-ruojisan:20180915164616j:plain

                                                               * 瓶ヶ森

石鎚山に登る。(10月11日)

翌日も、予報通り天気が良かったことから、朝の景色を楽しみに、食事前に出掛けましたが、そこには山中で泊まってこそ味わえる、非日常の空気が感じられました。

f:id:ka-ruojisan:20180915170245j:plain

                                             * 朝日に照らされた瓶ヶ森

f:id:ka-ruojisan:20180915170812j:plain

                                                    * 朝日に輝く森の木々

朝食を終えて、8時半には宿の直ぐ近くの登山道から登り始めました。

30分余り登ると、一気に展望が開け、一面笹に覆われた斜面や遠くの山々が綺麗に見えはじめました。

f:id:ka-ruojisan:20180915171720j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915172210j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915171921j:plain

さらに登ると、石鎚山の山頂付近が視界に入り出しました。

f:id:ka-ruojisan:20180915172331j:plain

                                                        * 石鎚山の山頂方面

f:id:ka-ruojisan:20180915172553j:plain

その後、登山道が北東斜面の森を縫うようについており、広葉樹も増え、見える景色が変わってきます。

f:id:ka-ruojisan:20180915173310j:plain

                                           * 北東斜面からの景色(以下同じ)

f:id:ka-ruojisan:20180915173359j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915173455j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915173537j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915173637j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915173742j:plain

登り始めてから、2時間余りで、石鎚登山ロープウェイ方面からの登山道と合流し、鳥居をくぐって長い階段等を登ると20分位で、山頂(天狗岳、1,982m)直下の石鎚神社に到着します。

f:id:ka-ruojisan:20180915174750j:plain

                                * 合流点から頂上への登山道にて(以下同じ)

f:id:ka-ruojisan:20180915174823j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915174904j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915175124j:plain

                                                   * 西方の二ノ森方面

頂上の天狗岳へは、両斜面が切れ落ちた道を行くことになり、高所恐怖症の私には無理なので、写真撮影を楽しみました。

f:id:ka-ruojisan:20180915175632j:plain

                                                  * 中央にそびえるのが天狗岳

f:id:ka-ruojisan:20180915180017j:plain

                                                    * 東方の瓶ヶ森方面

f:id:ka-ruojisan:20180915180225j:plain

                                                      * 南方の高知方面

携行食で昼食を済ませ、昼過ぎには、来た道を下山しはじめました。途中、霧に包まれましたが、下の方まで下りると、また晴れました。

f:id:ka-ruojisan:20180915181153j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915181309j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915181338j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915181439j:plain

帰りは1時間半位で下りてきました。

その後、昨日とは反対側の面河渓に車を走らせ、30分程、清みきった水を見ながら散策して、山越えの道で西条市に行き、予約していた宿で温泉につかり、登山の疲れを癒しました!

f:id:ka-ruojisan:20180915182404j:plain

                                                    * 面河渓(以下同じ)

f:id:ka-ruojisan:20180915182327j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915182256j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915182450j:plain

国営讃岐まんのう公園

帰りは、香川県のまんのう公園に立ち寄り、曇り空でしたが、綺麗な秋桜等を見て回りました。

f:id:ka-ruojisan:20180915183620j:plain

                                                       * 一面がコキア

f:id:ka-ruojisan:20180915184022j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915184121j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915184218j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180915184328j:plain

 

〇 秋の石鎚山瓶ヶ森へはまた行きたいと思います!

 

 

カールおじさんの旅(2017年)

秋の剣山等に登りました。(2017年10月26日~27日)

f:id:ka-ruojisan:20180913205619j:plain

                                              * 剣山からの帰り道

◎ 塔丸(標高1,713m)への登山(10月26日)-1日目

剣山の紅葉は、例年10月上旬頃から色づき始めますが、見頃は、10月中旬頃の山頂付近から、徐々に下りてきて、10月下旬頃までとなります。

このことから、この時期は、見ノ越が紅葉の見頃のタイミングでした。

初日は、昼頃に、その日泊まる宿舎のある、夫婦池(雄池)に着きました。

f:id:ka-ruojisan:20180913213210j:plain

                                                  * 夫婦池(雄池)

湖畔の広場に駐車し、宿舎前のベンチで昼食を済ませ、登山準備をして、歩いて5分程の塔丸登山口に向かいました。

初めは、緩やかな森の中の登り坂で、30分位進むと、徐々に視界が開けてきて、稜線に出ると、南方に剣山と次郎笈が綺麗に見えはじめます。

f:id:ka-ruojisan:20180913214740j:plain

                                       * 左側が剣山、右側が次郎笈

さらに進むと、ススキ等が密生する草原に出て、南方の山々を眺めながら、なだらかな道を歩きます。

f:id:ka-ruojisan:20180913215323j:plain

                                         * 南方の高ノ瀬方面を望む

f:id:ka-ruojisan:20180913215722j:plain                                           * 次郎笈、丸石方面

ススキの穂が輝き、紅葉した雑木林が秋を感じさせてくれました。

草原は、益々広がりを見せ、気持ちの良い高原歩きをすること、約1時間程で、塔丸の頂上に着きました。

f:id:ka-ruojisan:20180913220648j:plain

                                  * 振り向くと、剣山と次郎笈が遠くに!

f:id:ka-ruojisan:20180913220711j:plain

                      * 北方の一宇の山々を眺めながらの高原歩き(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180913221206j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180913221331j:plain

                               * 頂上付近から西方の東祖谷山方面を望む

帰りは、来た道を1時間半位引き返します。

この4時間位の登山中に出合った人は5人だけという、静かな登山道であり、終始熊鈴を鳴らしながら歩きました。

夕食は宿舎にお願いしており、美味しいおでんと鍋料理を堪能し、鍋の出汁にご飯と卵をとき入れて、〆の雑炊まで頂き、満腹になりました。

◎ 剣山等への登山(10月27日)-2日目

午前7時頃には宿舎を車で出発し、5分程で見ノ越に着き、無料駐車場に車を停めて、剣神社横の登山口から登り始めました。

この日の午前中はいい天気で、青空が眩しいほどでした。

f:id:ka-ruojisan:20180913223809j:plain

1時間弱位で、西島リフト駅の近くまで来ると、次郎笈が見えるようになります。

f:id:ka-ruojisan:20180913223540j:plain

                                            * 中央のピークが次郎笈

f:id:ka-ruojisan:20180913224350j:plain

                              * 北方の丸笹山、赤帽子山方面を望む

一旦は刀掛の松コースに進み、行場方面への分岐を左(東)に曲がり、アップダウンのある、やや荒れた道のあるコースで一の森を目指し、1時間位で一の森が見えてきます。

f:id:ka-ruojisan:20180913225001j:plain

                                              * 中央のピークが一の森

一の森の頂上からは眺めが良く、剣山と次郎笈が綺麗に見えます。

f:id:ka-ruojisan:20180913225906j:plain

                           * 一の森頂上から剣山(右側)と次郎笈(左側)を望む

一の森頂上から、北側の斜面を少し下りると、一の森ヒュッテがあり、目の前一面に広がる笹の海原と白骨樹が絶景です。

f:id:ka-ruojisan:20180913230800j:plain

                                                * 一の森ヒュッテ

f:id:ka-ruojisan:20180913230957j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180913231142j:plain

 一の森北側のトラバース道を西進し、二の森を越えて剣山を目指します。

f:id:ka-ruojisan:20180913230202j:plain

                                 * 剣山への登山道から南方の槍戸山を望む

f:id:ka-ruojisan:20180913231552j:plain

                                                       * 二の森方面

二の森を越えて緩やかな道を行くと、穏やかな高原状の平家の馬場が見えてきて、頂上に至ります。

f:id:ka-ruojisan:20180913232153j:plain

                                                      * 平家の馬場

剣山の頂上から西側に下りると、次郎笈への縦走路があり、ここからの景色が素晴らしいと思います。

f:id:ka-ruojisan:20180913232623j:plain

                                      * 次郎笈への縦走路より西方を望む

午後になると、雲が多くなりだしたので、次郎笈に登頂した後、剣山西側のトラバース道から見ノ越に下山しました。

f:id:ka-ruojisan:20180913233025j:plain

                                           * 次郎笈から剣山を望む

f:id:ka-ruojisan:20180913233307j:plain

                                   * 雲が降りてきた西島リフト駅付近

f:id:ka-ruojisan:20180913233452j:plain

                                          * 西島リフト駅より北方を望む

見ノ越からは車で来た道を帰りましたが、見ノ越付近の紅葉が、夕方のやわらかい光の中で綺麗でした。

f:id:ka-ruojisan:20180913234013j:plain

                                            * 見ノ越付近の紅葉(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180913233937j:plain

〇 秋の剣山には、毎年でも登りたいと、早くも来年のことを考えながら帰りました。

 

 

カールおじさんの旅(2017年)

京都の紅葉を見に行きました。(2017年11月13日~15日)-3日目

f:id:ka-ruojisan:20180911134805j:plain

鞍馬寺貴船神社大原三千院寂光院

このコースは、京都行きの直前に決めたので、フリー乗車券を探し「バス&えいでん鞍馬、貴船日帰り切符」1,800円が、鞍馬方面への叡山電車及び京阪電車だけでなく、京都市バスと大原方面行きの京都バスにも乗れることから便利であり、京都駅ビル2階にある、京都総合観光案内所「京なび」で買っておきました。

フリー乗車券は、日が指定されていないものが多く、事前に買っておくと便利です。

最初に行った鞍馬寺へは、京都駅で市バスを乗り換え、京阪本線四条駅方面に行きました。

同駅まで歩き、出町柳駅行きの電車に乗り、同駅で叡山電車に乗り換え、鞍馬駅まで乗りました。

f:id:ka-ruojisan:20180911144357j:plain

                                                            * 鞍馬駅前の天狗像

鞍馬寺への参道は、鞍馬駅の目と鼻の先にあり、直ぐに登り坂が待っています!

f:id:ka-ruojisan:20180911145108j:plain

                                                   * 鞍馬寺への参道(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180911150457j:plain

鞍馬寺までは、たっぷり30分位は山道や石段を登り、11月というのに大汗をかいてしまいました!

紅葉は、全体的に見頃を少し過ぎた感じでした。

f:id:ka-ruojisan:20180911150138j:plain

                                                         * 鞍馬寺境内(以下同じ)

f:id:ka-ruojisan:20180911150718j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180911150805j:plain

 鞍馬寺から貴船神社までは、40分位の山越えの道を歩く計画でしたが、先の大雨で通行止めになっていました。

f:id:ka-ruojisan:20180911151538j:plain

                         * ここから貴船神社に通じる山越えの道があります。

鞍馬駅まで戻り、同駅から1駅の貴船口駅まで電車に乗り、同駅の直ぐ下から出ている京都バスに乗り換えて、貴船神社の近くにある貴船バス停で下りました。

f:id:ka-ruojisan:20180911152602j:plain

                                                       * 貴船神社の鳥居

f:id:ka-ruojisan:20180911152913j:plain

                                                             * 貴船神社の参道

バス停から5分位、参道の階段等を歩くと、貴船神社に着きます。

f:id:ka-ruojisan:20180911153633j:plain

                                                          * 貴船神社(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180911153829j:plain

次に、歩いて20分程の貴船神社奥の宮まで、貴船川沿いを散策しました。

f:id:ka-ruojisan:20180911154329j:plain

参拝を終えて、来たルートを貴船口駅まで戻り、出町柳駅行きの電車に乗り、宝ヶ池駅で下り、西側の大きな道まで出て、大原行きのバス停に行きました。

大原といえば三千院が思い浮かぶ程有名ですが、紅葉ランキングにも良くでてきます。

お昼を過ぎていたからか、大原行きのバスは少なく、30分近く待ち、京都バスに乗って約30分で大原バス停に着きました。

まずは、大原三千院に向かいます。さすがに観光客が多く、人波に付いて行けば三千院まで行けました。

三千院の紅葉は、一部見頃を過ぎていた感じでしたが、有名な苔むす庭が綺麗でした。

f:id:ka-ruojisan:20180911155912j:plain

                                                    * 三千院門跡の石碑

f:id:ka-ruojisan:20180911160139j:plain

                                                     * 三千院境内(以下同じ)

f:id:ka-ruojisan:20180911160451j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180911160722j:plain

次に、ここまで来たのだからと、紅葉ランキングには出てきませんが、寂光院にも行きました。

一旦、大原バス停まで戻り、三千院とは反対側に歩いていきます。夕方近くになっていたからか、道行く人は少なく、山里の風景を満喫できました。

寂光院は、参拝者も多くはなく、落ち着いた雰囲気の中、静かな一時を過ごすことができました。

f:id:ka-ruojisan:20180911162433j:plain

                                                     * 寂光院(以下同じ)

f:id:ka-ruojisan:20180911162329j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180911162511j:plain

門が閉まる午後5時近くまで滞在し、来たルートを戻り、阪急京都線河原町駅から、大阪行きの電車に乗り帰路につきました。

〇 このように3泊4日の京都の紅葉を廻る旅が終わりましたが、京都は広く、ごく一部しか廻れなかったので、続きは来年にと決意したのです!

カールおじさんの旅(2017年)

京都の紅葉を見に行きました。(2017年11月13日~15日)-2日目

f:id:ka-ruojisan:20180910140126j:plain

知恩院の紅葉(11月14日)

2日目は、朝からあいにくの雨でした。泊まっているホテルに連泊するので、不要な荷物を置いて出かけました。

昨日、京都市バス1日乗車券を500円で購入していたので、この日は市バスを利用しました。(2018年から600円に値上がりか?)

まずは、京都駅まで乗り、知恩院方面行きに乗り換え、知恩院の最寄りのバス停で下りました。

知恩院の紅葉ランキングは、サイトによっては上位に入っており、広大な境内と2ヵ所の庭園を巡りました。

f:id:ka-ruojisan:20180910142623j:plain

                                        * 木造の門としては日本最大の知恩院の三門

f:id:ka-ruojisan:20180910143859j:plain

                                               * 知恩院の三門近くの庭園

f:id:ka-ruojisan:20180910143822j:plain

                                                * 知恩院の本堂近くの庭園

南禅寺の紅葉

次の南禅寺には、知恩院から歩いて30分位の距離でした。

南禅寺では、まず大きな三門が目に入り、境内の紅葉も見頃でした。

さらに、近くの天授庵や水路閣の紅葉が綺麗でした。

f:id:ka-ruojisan:20180910145229j:plain

                                                                * 南禅寺の三門

f:id:ka-ruojisan:20180910145526j:plain

                                          * 南禅寺南側にある天授庵の紅葉

f:id:ka-ruojisan:20180910145753j:plain

                                           * 南禅寺の近くにある水路閣

f:id:ka-ruojisan:20180910150016j:plain

                                                            * 南禅寺法堂裏

永観堂(禅林寺)の紅葉

「もみじの永観堂」と呼ばれるように、紅葉が有名で、ランキングもほとんどのサイトで上位です。

それだけに、入場料金も高く、一般的な寺院の多くは500円程度ですが、ここは1,000円でした。それでも大勢の人が訪れていました。

広い境内のあちこちで、もみじが綺麗に紅葉し、一見の価値があったと思います。

f:id:ka-ruojisan:20180910151527j:plain

                                                * 永観堂の塀の外から見た紅葉

f:id:ka-ruojisan:20180910151816j:plain

                                                        * 永観堂境内(以下同じ)

f:id:ka-ruojisan:20180910151949j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180910152127j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180910152256j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180910152400j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180910152443j:plain

哲学の道を散策

永観堂の近くから、銀閣寺の方へ続く「哲学の道」があり、雨も止んだことから歩いてみました。

ここを歩いているのは、何故か外国人の方が多いようでした。

紅葉は大したことはなかったものの、情緒あふれる約2キロメートルの散歩道でした。

f:id:ka-ruojisan:20180910155736j:plain

                                                           * 哲学の道(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180910160046j:plain

銀閣寺橋に着くころには、夕方になっていたので、銀閣寺前バス停から、京都駅方面行きの市バスに乗り、京都駅で乗り換えてホテルに戻りました。

〇 このように2日目が終わり、翌日は、鞍馬・貴船と大原方面に行きました。次回に続く。

 

 

 

カールおじさんの旅(2017年)

京都の紅葉を見に行きました。(2017年11月13日~11月15日)-1日目

f:id:ka-ruojisan:20180909212903j:plain

                                                           * 神護寺のもみじ

◎ 場所と時期の選定

あるサイトに、京都の紅葉の見頃は、例年11月中旬~12月中旬とありました。

とはいうものの、その年の気候や場所によって、かなり違ってきます。例えば、遠い彼方で「ラニーニャ現象」が発生すれば、紅葉が早くなったり、色づきが良くなることがあるようです。

また、山間部と平野部では当然異なりますし、洛北、洛東、洛西でも違ってきます。

紅葉時期の京都は、早目に宿泊予約する必要があったことから、11月中旬のそれも中間頃に設定し、場所は、ネット情報に基づき直前に決めました。

◎ 高雄に行く。(11月13日)

出発直前の状況では、山間部が見頃とのことで、まずは高雄の神護寺に行くことにしました。

次に、フリー乗車券を探したところ、丁度、JRバスの「高雄フリー乗車券」800円が、北野から高雄の間が乗り降り自由で、高雄の帰りに、寄り道もできることから、JR京都駅烏丸口前にある京都バスチケットセンターで購入しました。

同バスターミナルには、私を含め、高雄行きのJRバスを待つ人の長い行列ができていました。何とか1回でバスに乗ることができましたが、ずっと満員で、高雄まで、バス停の客を乗せることはありませんでした。

神護寺へは、山城高雄バス停で降り、一旦は清滝川に沿った道まで下り、赤い橋を渡り、登り坂を20分位歩くと着きます。

神護寺への登り口を通り過ぎて、数分歩いた川沿いの紅葉が綺麗です。

f:id:ka-ruojisan:20180909222738j:plain

                                     * 神護寺近くの清滝川に架かる赤い橋

f:id:ka-ruojisan:20180909225819j:plain

                                                            * 清滝川沿いの紅葉

f:id:ka-ruojisan:20180909225417j:plain

                                                                    * 神護寺

f:id:ka-ruojisan:20180909230431j:plain

                                                                * 神護寺

神護寺の紅葉は見頃で、さらに、境内は広く、見て回るのにかなりの時間がかかりました。

次に行った西明寺へは、神護寺から歩いて30分位の距離でしたが、川沿いの紅葉が綺麗でした。

f:id:ka-ruojisan:20180909231511j:plain

                                                       * 川沿いの紅葉(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180909231713j:plain

短い橋を渡ると山裾に建つ西明寺に着きました。

f:id:ka-ruojisan:20180909232208j:plain

                                                  * 西明寺本堂にて

f:id:ka-ruojisan:20180909232336j:plain

                                                         * 西明寺鐘楼

f:id:ka-ruojisan:20180909232515j:plain

                                              * 西明寺の池に映る紅葉

西明寺の紅葉も見頃でしたが、こじんまりとしたお寺であり、早々に切り上げて次のお寺に向かいました。

槇ノ尾バス停からバスに乗り、仁和寺前で下りて、広い境内を通り抜けて龍安寺に向かいました。

f:id:ka-ruojisan:20180909233141j:plain

                                                 * 仁和寺五重塔

龍安寺に入ると、大きな鏡容池が迎えてくれます。畔の紅葉が陽に照らされて綺麗でした。

また、かの有名な枯山水の石庭では、多くの人が静かに鑑賞していました。

f:id:ka-ruojisan:20180909233435j:plain

                                                 * 龍安寺の鏡容池(上下共)

f:id:ka-ruojisan:20180909233610j:plain

f:id:ka-ruojisan:20180909233731j:plain

                                                      * 龍安寺の石庭

このように1日目の予定は終わり、JR京都駅までバスで戻り、予約していたホテルへ歩いて入りました。

〇 2日目の洛東巡りに続く。